FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神チャート③  スクエア理論

おはようございます。hitです。

1、スクエアを待つ
2、ストキャス確認
3、水平線確認
3、エントリー

さてブログのタイトルも変えました。

スクエア理論です。

今日は3の水平線です。

スクエア理論の基本は通貨強弱が弱まったときに

相場状況でエントリーすることです。

ではスクエア理論の水平線の引き方を。

今まで水平線の引き方を書いたこともありますが

この水平線の引き方は少し違います。

ドル円15分足
USDJPYM15999

ユロドル15分足

EURUSDM15999

何気に単なるヒゲがついた高値安値じゃないの?と。

確かにそうですが、微妙―に違います。

ひとつ前の足に対して高値ならヒゲで必ず超えていること。

安値なら必ず前の足を下ヒゲで越えていることが条件です。

通貨強弱が弱まる=頑張って超えたが強弱がなくなり越えられなかったって

考えてください。まあ、買う人売る人が参入してこなかったってことですが

通貨強弱の観点からだとこういうことです。

で、書いてる今スクエアが始まりだしてきたところです。

さて次回はエントリー方法ですが

ここまでのスクエア理論のおさらいです。

通貨強弱がスクエア(9:1が4:6になるような)になるのを予測。

そこにストキャス水平線を絡ませエントリー(逆張り)。

スクエア後に順張りでエントリーってことです。

最終的にはインジをいれたもので説明していきます


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

About this site
木と森では無理だったんです
About me
何をするにも段階を踏んで行かないと上達はしないと言うことですかね。12ヶ月目に入りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。