スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良し

 おはようございます。hitです。

さて今月も月末となりました。明日からは12月。勝ってるトレーダーは、

早めの休暇に入るのでしょう。去年ははじめての12月で訳が分からず

トレードしていた記憶があります。印象にあるのは豪ドル円の値が5分おきに15pips位を

延々と上下していたことです。まあそれが本当にそうであったかは分かりませんし、

調べるつもりもありませんがね。

では昨日のトレードです。朝チョコチョコとやられて、その後久しぶりのロングで含み益。

持ちきれず9pipで利確。

でここから心情を絡めた物語風で。チャートはこれ。

ch41.png


夜になりユロ円トレンドラインで反発(黄色矢印)と思いきや一気に爆上げ。

ちょっとパニックになり損切り。ユロドルも損切り。うーん。冷静になれオレ。

前回高値圏で反落を確認。乗り遅れるなとばかりに白矢印でいショー

ト。順調かと思いきや、これまた次の足で上昇。ナンピンするもさらに上昇。

「ヤバイ。ロスカットされたら目も当てられない」。「先週の利益が吹っ飛び、さらに負け」

「くそー、ここが最高値だとして再度ナンピンか。しかし5pips上げられたら全てロスカット」

次の足でチョロっと上がり、「いやいや30分2σと1時間2σがあるから大丈夫」と

自分を励まし、多少落ちてきた。「落ちてきたと思ったら高値更新もあるわな」と思いつつ

パソコン閉じて「ロスカットになったら諦めよう」と。帰宅の途に着く。

5分後iphoneで見ると建値まで戻って、尚且つ含み益が。

「一旦多少の利益で決済か?それとも保有か?」

「パターンとして、①保有してたらまた含み損になって損切り。②保有してたら利確まで届く

③建値に変更したら建値決済されるが、結局利確まで届く」などなど頭の中を駆け巡る。

「30分ミドルで頭を抑えられてるような。良し保有しよう」

家に着き風呂に入る前に103.85位をうろついてたので、104円に建値移動するかしないか。

「負けることはないが、決済されたら昨日より多少の損がでる。今決済すれば昨日より多少のプラス」

風呂に入る前に建値移動をするといつもそれに引っかかる印象も深く残っている。

うーん。流れは下。前回安値までは行きそう。「ここ何日か変な建値移動で引っかかってたので

建値移動したら昨日より多少の損だが、ここは利確を信じて」

風呂から上がって来ると多少上に行ったりしたが、103.85付近を以前うろついてました。

「下に水色の200日線があるのでそこまでは行くだろう。まあその後反転は或だろうな」

「ただ1,2pipsで届かず反転されたらこれも困る」

ジリジリジリジリ103.63, 62 63 61 64 63 60

「オッシャー」

結果103,6近辺に買いのロスカットがだいぶあったんでしょうか。一気に200日線を越え

103.44付近まで下がって行きました。

以前だったらここで調子に乗って再度ショートそして損切りとなるところでしたが

冷静に次の足を見てやめました。その後ミドル近辺で売り。スキャルっぽく3回ほど抜いて

終了。負けてたらその後も延々とやっていたのでしょうが、切り良く爆睡に入りました。

結果はこんなんです。

7.png

長々と書きましたが、少しづつ進歩しているのかなと。まあ運がよかったってことでしょう。

今日はまだエントリーなし。昨日の高値、安値を基準にと思っていますが、

何故か東京市場は高値安値の中間位で推移するんですよね。

では11月最終日、頑張りましょう。





スポンサーサイト
リンクバナー
infinity-space
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。