スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九段階

 こんにちは。さて今週は第九段階です。

最後に近づいてきました。はじまり~。

 simple is best を求めチャートからオシレーターを外し、水平線とかトレンドラインで

トレードを試みるんですね。

最初はうまくいきます。しかしまた行き詰る。そこで本質は相場に対する考え方の違いではないか?

そう思い、「トレーダーと規律」そして「ゾーン」を読む。なるほどと深く納得しその心得を

書き出し何度も復唱しながらトレードをするんですね。しかし自分では第九段階にいるはずだと思えば

思うほど、もがき苦しみます。手法、心得、ほとんどがそろった状態。

でも、また下水道まで落ちていき、もうだめだ。今度こそ無理、だって第九でもまだ勝てないんだから。

資金のドローダウンしてしまいます。そこで資金管理というものを考えるんですね。詳しくは書きませんが。

ブログには「あと2%で第十段階に入れます。」と書くもその2%が分からず下水道でさすがに

ノックアウト寸前でした。気が来るわんばかり。

 そして手法・心得・資金管理をする中で、利益は出ずともドローダウンが減ってきました。

今は下水道からボイラー室、そして地下駐車場と相場のごとく反転上昇している最中です。

地下駐車場にはトイレがあり、きれいな水が出るので恥ずかしいですけど、汚れた服と体を

洗い地上に出てみました。そこにはやはり摩天楼が聳え立ち再度の奮起を促します。

ポジポジ病の再発はないです。ポイントにきていないから。オシレーターも再度入れてます。

ポイントを精査するため。そして何より変わったのが上位時間軸をしっかりと観察できるように

なったこと。今まではしているつもりでできていない。それが分かりだしたことです。

 少しお金を出して基本から学びだしました。なるほどと思うことが多いです。

今までバラバラだったパズルが少しずつ組み合わさっていく感じです。

このことは以前何かのブログで読んだことがありますが、まさにそのとおり。

今まで断片的にあったものがこれとこれが組み合わさり新しい絵に変わっていく

本当にそんな感じです。


そして定義です


第九段階の定義

①シンプルを求める

②トントン

③心得・手法を確立しつつある

④負ける

⑤再度どん底にまで落ちる

⑥負ける

⑦急ぐ気持ちはなくなり基本から学び始める

⑧トントンになる

⑨パズルがはまりだす

⑩反転上昇で地下駐車場から再度摩天楼を眺めてみる


こんな感じですね。ただわたしが今の段階でここですから第十段階は来週には書けません。

今は8月の20日です。去年の10月2日からすでに11ヶ月経ちました。

もちろん焦りがないといえばうそになりますが、今思えば何であんなに高いロットを

あの時点で掛けていたんだろうという後悔は確かにあります。

しかしそれが今の自分を形成していると考え思いっきり高い授業料と思っています。

 ブログはもちろん更新していきますが、第十段階を早めに書けるように頑張りたいと思います。

ちなみに今思うのは第十段階の後に、おまけの笑顔の第十一段階があるような気がします。



スポンサーサイト

第八段階

 お盆で更新忘れてました。第八段階のはじまり~。


さて第七段階で全く右も左も分からなくなるのです。第八段階で少し変化が

訪れるのかと思いきや、これがずーと続くんですね。

「聖杯なんてない」「どれを手法というのか?」「手法はどうやって作る?」

「ボイラー室から出れない」「摩天楼ってなに?」「地上ってどこ?」

延々です。延々ですよ。第三、第四、第五とドンドン上がっていけるものだと

ばっかり思っていたのに。

 努力は報われる。そんな言葉を信じて試行錯誤してたのに。

あー無理、無理無理。

シンプルにしよう。うん。そうだ。チャートからいらないものを外す。

そしてポジる。ポジる。ポジる。

以前完治せず。ポジる。


そして定義です



第八段階の定義

①右も左も分からなくなる

②負ける

③手法の作り方もわからない

④負ける

⑤シンプルを求めチャートからオシレーターを外す

⑥負ける

⑦ポジポジ病以前治らず

⑧負ける

⑨でもなんか、いつかは勝てるだろうと漠然と思う

⑩ボイラー室の完全なる住人になる

そうなんですよね。

そろそろ勝てるだろうと思うんだけど以前として負ける。

第八段階でこれですよ。これ。

そして第九段階だと自分では思っていたころにこの話を書き始めますが

やっぱり第十段階に行かないとダメなんですよ。

そして第九段階はもっと恐ろしいことになります。

それではね。


第七段階

 さてさて、いきなり第七段階のはじまりはじまり~。

相場というものははっきり言って分からないものだと少し分かりかけてくるんですね。

で、何とかボイラー室まで手探り状態で行くのですが、「さてどうしよう」ということですね。

「聖杯なんてものは、この世にない」ということは完全に理解、納得できたのですが

じゃあ、どうするのかということが分からない。基本に戻り、足の勢い、伸び方などを

観察する。すでに退場しているのでこれもまた困り者で、実戦ができないからデモだと

うまくいく。1枚のロットでしてみるがあまりの感覚のなさに損切りせずとも、

戻ってくるときは戻ってくるので実感がわかない。

この頃に悩んだのは、「何をしたらいいのか?」ですね。

 なんとかボイラー室まで気力で上がっては来たものの、どぶ水で洗った体と服は

臭くて地上にも上がれない。摩天楼を見に行くことすらできない。しかし「摩天楼の上では

ウハウハしている人がいるんだ」。「でも何でオレにはできない?」「一生このままか」

検証自体が多いので勝ち負けもトントンになってくる。しかし思ったところで伸びない。

思ったところで負ける。じゃあ、結局分かってないんだと再検証。しかし同じことの繰り返し。

でもトントン。

 いくら頑張っても利益が出ないことに相当疲れてきました。才能がないのか。それとも

やり方がわからないのか。「ボイラー室の上ってどんなところだったんだろう」

それすら分からなくなってきたときでしたね。

第七段階の定義

①聖杯なんてもものはない。相場も分からないものと完全に理解する

②負ける

③何をしていいのか分からない

④トントンになる

⑤基本に戻ってみる

⑥負ける

⑦何をすべきかわからない

⑧トントンになる

⑨一体全体何がどうなんだと感じる

⑩ボイラー室の上はどんなところだか分からなくなる

 まさに、こんな感じですね。

つまり、今までやってきたことの意味が分からなくなり

このやり方でいいのか悪いのか。どんなやり方がいいのか悪いのか。

どこを改善するのかしないのか。良いところはどこか悪いところはどこか。

すべてが頭の中でバラバラでまとまりが付かず、パズルが組み合わされないまま

日々が過ぎてく。体力と精神力は奪われる。

ながーく苦しい段階ですね。

 それでも第八段階へ入っていくのですが、結局第八も第九も苦しくて

第十に入らないとすべてが水の泡ってことになりますから。

じゃあ、まだまだ苦しい第八段階はまた来週。

第六段階

 さてさて、今週で7月終わりました。

第6段階のお話です。はじまりはじまり~。


 もう何がなんだかわからないいまま、地下の下水道を越え虫たちと暮らし精神的におかしくなりながらも

強制退場3回目をくらい、どん底にいました。

そして「聖杯なんかない」ってことにようやく気づくんですね。

前段階で「なさそうだ」と思い「自分で聖杯を作るしかない」と気づきますが

だいたいないものを作ることがどれだけ難しいか考えもせず、ひたすら聖杯を作り続けます。

しかーし、もちろん出来ず。ボロボロです。

精神はおかしくなりだし、多少の負けは減りますが、以前負けは変わらずです。

こんな汚い格好では摩天楼を見上げに往くことも出来ず、心から笑うことも出来ず

ダメな自分に嫌気が差します。

 でもやるんですね。根本的にすきだったんでしょう。相場が。

そのうちひとつのことが分かりだしてきます。意識して分かったわけではないのでしょうけど。

それは「相場は分からない」「未来は分からない」ということです。

ただ、分からないからどうすることも余計できなくて悩みますが、「分からない」というところ

まで到達できたんだと思います。

すでに6ヶ月が経過してました。

 くさーいどぶ水で体を洗ってボイラー室で乾かそうと思った時ですね。

「虫といるより、臭くて汚い地下道より、ボイラー室になんとか戻ってやる」

こう思いました。


第六段階の定義

①聖杯はないとわかる

②負ける

③聖杯を作ろうと頑張る

④負ける

⑤相場は分からないと確信する

⑥負ける

⑦未来は予測不可能と確信する

⑧負ける

⑨じゃあどうするのかまた悩む

⑩下水道の水でも体を洗い、ボイラー室へいけるように考えだす


 こんな感じですねぇ。

そう、インジケーターがどうだとか、流れがどうだとか、そんなことはもう全く分からなくなって

分からないことが相場と思い出すんですね。

でもまだ予知しようみたいなところが抜け切れず、まあこれは第九まで続くんですけどね。

よく精神崩壊にならなかったと思いますよ。今思えば。ほんとーに。

 じゃあ、またらいしゅう~~。



第五段階

 こんにちわ。土曜日に更新できなかったんで、今日月曜日に更新します。

第5段階のはっじまり~。

 
 
 さて第四段階でもうほとほと嫌になってきたわけですが、理由は全くもって

なにをしたらいいのかが分からない。ってことですね。

地下の下水道から「なんでおれはこんなところに落ちてしまったんだろう?」

「なんで?」「なんで?」状態ですね。

 しかし相場の神様がこんなところで助けてくれるわけはありませんので、

再度立ち上がろうとします。

 きったない格好で地上に上がり「聖杯どこですか?」

「誰か知りませんか?」ってなもんで、ネットから本から調べるも

それらしきものはないと気づきだすんですね。すると「じゃあ、どうしたらいいの?」って

ことになって自分なりの手法を探し出すんですね。

 しかし、売れば上がり、買えば下がる。

もう泥沼にずっぽり上半身まで沈んでしまったかのようでした。

 本当に何をどうすればいいのか、まず何をすべきなのか、私は誰?

ここはどこ?


第五段階の定義

①聖杯が無さそうだと感じる

②負ける

③自分の手法を作ろうと頑張る

④負ける

⑤自分の存在価値が分からなくなる

⑥負ける

⑦2回目の強制退場となる

⑧負ける

⑨放心状態で生活をどうしようと考える

⑩下水道のしたがあったのかと思われるところでおどろおどろしい虫と暮らす

 こんな気持ちでした。もう明日なんか見えない。精神的にも追われ、動かない相場で

スキャルなんかするから余計体力を消耗する。

本当にしんどかったです。分かりますかね。本当にしんどいですよ。

特に勝ってる人のブログを「ほんまかいな?」とあらを探し出してしまう。

心も腐ってきてましたからね。

でもね、ここがたぶんどん底だったんだと思います。もう一度ここまで落ちますが

そのときは改善方法を分かっているので。今はあのときに夢を見ていたかのような

変な気持ちです。

 ただ第六段階からは多少の変化が訪れます。お楽しみに!


 
リンクバナー
infinity-space
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。